やる気を出す方法について

脳内物質が出ればやる気も出る

このエントリーをはてなブックマークに追加
当サイトでは、精神論や根性論を抜きにして、やる気が出る方法について解説をしています。これまで、やる気があるかないかはその人の性格の問題だと言われてきましたが、最近の脳科学の研究で、脳内のやる気ホルモンと呼ばれる脳内物質がやる気のあるなしと密接な関係にあることがわかりました。

脳内のやる気ホルモンと呼ばれているのが、脳内の三大神経伝達物質でる「セロトニン」、「ノルアドレナリン」、「ドーパミン」です。この三つの脳内物質は、それぞれ重要な役割を担っていますが、それぞれの分泌量のバランスが取れていると、やる気が出ることが判明しました。つまり、いつもやる気に満ち溢れている人は、これらの神経伝達物質が脳内でバランスよく分泌されているのです。

脳内の神経伝達物質


スポンサーリンク


やる気の素になる脳内の三大神経伝達物質


やる気の素になる脳内の三大神経伝達物質である「セロトニン」、「ノルアドレナリン」、「ドーパミン」について、簡単に説明をしましょう。

セロトニン
セロトニンは精神を安定させ、心をリラックスさせる効果のある神経伝達物質です。脳内でセロトニンが大量に分泌されると幸せな気持ちになれることから幸せホルモンとも呼ばれています。尚、セロトニンが不足すると精神の安定が乱れ、うつ病を発症します。

ノルアドレナリン
ノルアドレナリンは意欲を高めてくれる神経伝達物質ですが、過剰に分泌されると怒りやすくなることから怒りのホルモンとも呼ばれています。適度に分泌される分にはやる気の向上に大いに貢献してくれる神経伝達物質です。

ドーパミン
ドーパミンはやる気と集中力を高めてくれる神経伝達物質ですが、過剰に分泌されると依存症(ギャンブル依存、買い物依存、アルコール依存など)になり、社会生活に大きな悪影響を与えてしまうこともあります。

鍵となるのはセロトニン


上記の三大神経伝達物質で鍵となるのはセロトニンです。なぜなら、セロトニンはノルアドレナリンとドーパミンの暴走を抑え、分泌量を適度に保つ役割を担っているからです(ノルアドレナリンとドーパミンが少ない場合は分泌を促してくれる)。適度に分泌される分にはやる気の向上に大いに貢献してくれるノルアドレナリンとドーパミンですが、過剰に分泌されると怒りを生んだり、依存症になったりなりなどの問題もあります。ですので、意図的に増やすべきなのはセロトニンだけであり、セロトニンの分泌量を増やすことが、ノルアドレナリンとドーパミンの分泌量を適度に保ち、ひいてはやる気の向上につながるのです。尚、セロトニンはノルアドレナリンやドーパミンと違い、ある程度多く分泌されても問題ありません。

セロトニンを増やすならプロバイオティクスが一番効果あり


上記でセロトニンを増やすことがやる気の向上につながると説明をしましたが、セロトニンを増やす方法として最も効果があると言われているのが”プロバイオティクス”です。プロバイオティクスとは、腸内に生息している乳酸菌やビフィズス菌のなどの人体に良い影響を与えてくれる腸内細菌(善玉菌)のことです。これらの腸内細菌(善玉菌)を増やすことで、脳内のセロトニン濃度を高めることができます。その理由は、腸内細菌(善玉菌)がセロトニンの前駆物質である5HTPを脳に運ぶ役割を担っているからです。

腸内の善玉菌


プロバイオティクスの影響で脳内のセロトニンが増え、やる気を引き出すことができた方はたくさんいらっしゃいます。プロバイオティクスとセロトニンのについてもっと詳しく知りたい方合は、以下のリンクから解説ページへお進みください。

⇒プロバイオティクスの解説ページはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク