チョコレートでやる気が起きる理由について

チョコレートでやる気が起きる理由とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

チョコレートを食べるとやる気が出るといわれることがあります。それはどのようなメカニズムが働いているのでしょうか。詳しく探ってみると、確かにやる気に影響がありそうな成分が含まれていることがわかりました。ただの甘いお菓子ではなく、しっかりとした健康補助食品の一面もありそうです。昔はチョコレートは薬だといわれてきた由来もそこにありそうです。それではチョコレートとやる気の関係を見ていきましょう。

チョコレートに含まれるテオブロミンでやる気が出る


チョコレート、といいますかその原料になるカカオ豆には「デオブロミン」という成分が含まれています。このテオブロミンは、脳内の神経伝達物質であるセロトニンの分泌や働きを助ける効果があるとされています。

スポンサーリンク


うつ病の原因がセロトニン不足だというのは、かなり知られた話ですが、そこまで至らなくてもセロトニンが少なくなれば、活動的ではなくなりやる気も減退します。その改善をサポートし、セロトニンの活性化に役立つのが、テオブロミンを含んだチョコレートというわけです。テオブロミンは自然界には、カカオ豆にしか含まれていないといわれています。そのため、テオブロミンを摂取するにはチョコレートかココアの状態で食べ得たり飲んだりするしかありません。もちろん、セロトニンを活性化させる物質はテオブロミンしかないわけではないので、ほかの方法でもセロトニンを増加させやる気を出すのは可能です。

チョコレートの食べ過ぎはやはり注意


いくらやる気が出るとはいえ、チョコレートの食べ過ぎには注意が必要です。コーヒーに含まれるカフェインほどではありませんが、中毒性があり、過剰に摂取するとやはり、脳が興奮しすぎてしまうようです。一方で、適度な量ならリラックス効果があり、寝る前にチョコレートを1個、などだと熟眠できる効果も指摘されています。あと、何より、チョコレートは甘い高脂質のお菓子です。脳ややる気関に係なく、食べ過ぎは高カロリーでよくないというのは理解しておいてください。低脂質のチョコレートや無糖のココアなどで工夫すれば、このようなリスクは低減できますが、あまりチョコレートだけに頼りすぎないように、あくまで「やる気のサプリ」ぐらいに考えておくと楽だと思います。


スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加