やる気ホルモンのドーパミンとノルアドレナリンについて

やる気ホルモンのドーパミンとノルアドレナリンとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

人間の行動は、脳内の神経伝達物質の働きによって制御されています。神経伝達物質が活性化すれば、それは精神的、肉体的にも行動をおこしやすくなります。

言い換えれば「やる気」が出てくるのです。ここではそうした「やる気」を出すホルモンといわれているドーパミンとノルアドレナリンについて解説していきます。

ドーパミンとやる気


ドーパミンは有名な神経伝達物質の1つで、運動調節やホルモン調節、心地よい感情、物事への意欲などを担っています。人間のモチベーションに関わる機能を有していて、物事が達成されると「やった!」という気持ちとともに心地よさが出るのは、ドーパミンが放出されることによるものなのです。

ドーパミンは脳内のニューロン(神経細胞)間の電気信号をやりあい、神経を伝達するための重要な物質で、これがニューロン間のシナプスという結合部に伝わることにより、神経間の情報のやり取りが可能になり、人間はさまざまな行動をとることが可能になります。

ドーパミンは物事を達成した時だけではなく、何かを行おうとする「やる気」も同時に導くもので、そのためには、適度な運動を行ったり、楽しいことを考えるなどポジティブな行動を起こすことが重要になります。

いわゆる覚せい剤は、人工的にドーパミンを極限まで放出させるもので、それによって一時的な快楽を得ることはできますが、幻覚などの急性症状を生み、神経を破壊してしまうので、人間としての機能を失ってしまいます。逆にドーパミンが失われると、体が動かなくなるパーキンソン病になります。

ノルアドレナリンとやる気


ノルアドレナリンもドーパミンと同様に、人間のやる気を導く神経伝達物質として活躍します。基本的な作用機序はドーパミンと同様で、ノルアドレナリンは特に人間の感情や意欲に作用します。

「怒りのホルモン」という人もいて、これがしっかりと機能することによって、物事を継続的に集中して行うことが可能になります。人間の「意欲」にもっとも関係する神経伝達物質だといえるでしょう。不足すると、物事への感情や意欲がなくなり、無気力・無関心状態になります。

大きくまとめると、「やる気ホルモン」であるこの2つですが、ドーパミンが物理的やる気、ノルアドレナリンが精神的やる気をそれぞれ高めるとイメージするとわかりやすいです。実際の行動は両者の相互作用によって起きます。


スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加