やる気が起きないのと栄養不足の関係について

やる気が起きないのは栄養不足が原因?

このエントリーをはてなブックマークに追加

やる気は人間の脳内のセロトニン、ドーパミン、ノルアドレナリンといった神経伝達物質によって左右され、これらが十分に分泌されることによって、脳が人間の行動をしやすいように精神的・肉体的な活力を与えます。これすなわち、やる気なわけですが、神経伝達物質を分泌させるためには、そもそもその原料となるアミノ酸がなければ作ることができません。向精神薬などで無理やり増加させるのは、病気になってからの治療法であり、病気でない状態で飲むのは絶対にだめです。

神経伝達物質の原料となるアミノ酸


具体的にどのアミノ酸がどの神経伝達物質に関わるのか見ていきましょう。まず、セロトニンですが、これは「トリプトファン」と呼ばれるアミノ酸を原料としています。トリプトファンは睡眠に関わるメラトニンというホルモンの原料でもあります。セロトニン不足=うつ病で睡眠障害が起きるのはこれも関係しています。

スポンサーリンク


続いて、ドーパミンとノルアドレナリンですが、これは両者とも、「チロシン」というアミノ酸を原料としていて、ほかにも「フェニルアラニン」というアミノ酸も関わっています。アミノ酸の名前については、学校の家庭科の授業で習った人もいるかもしれませんが、神経伝達物質に必要なアミノ酸はいずれも「必須アミノ酸」と呼ばれる部類に入ります。必須アミノ酸とは、人間の体内で合成できないアミノ酸であり、外部から(つまり食べ物や飲み物として)摂取しなければなりません。運動などで分泌を促すことは可能ですが、そもそもの原料がなければどうしようもありません。乾いたタオルをいくら絞っても、水は出ないのと同じです。

必須アミノ酸を摂取できる食生活


それではどのような食事がよいのかという話になります。具体的に言いますと、タンパク質の多い食品(牛乳、豆など)、肉や魚などです。特に大豆やその加工製品(豆腐、豆乳など)、牛乳の加工製品(ヨーグルト、チーズなど)に豊富に含まれるため、肉料理、魚料理を気構えなくても、おやつ感覚で簡単に摂取することができます。一度に大量のものを摂取するのではなく、決まった量を継続するほうが効果的です。また、アミノ酸合成の際にはそれだけではなく、「接着剤」として各種ビタミン類も必要になります。従って野菜や果物も必要になるというわけです。つまり、バランスの良い食生活がよい、という至極当たり前の結果になりますね。そして、炭水化物に偏った食生活ではだめだということも理解できると思います。パンや麺類だけでは必須アミノ酸が欠乏してしまうのです。


スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加