冬になるとやる気が出なくなる理由について

冬になるとやる気が出なくなる理由とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

ほかの季節と比べて、冬になるとやる気が出ないという人がいます。これは何か科学的な裏付けがあるものなのか、それとも冬のイメージがやる気に無意識のうちに作用してしまっているのか、どちらでしょうか。結論からいうと、冬の日照時間の少なさが、脳内のセロトニンの分泌に影響を与えてしまっていることで、やる気が出なくなってしまうのです。

日照とやる気の関係


太陽の光を浴びることで、人間の脳内の神経伝達物質である「セロトニン」が促され、やる気が出ます。セロトニンは、人間の行動や感情の中でも、特に、精神を安定させたり、食欲や睡眠を調整したり、集中力を増進したりする役割を担います。

心が安定し、集中力が高まれば、当然やる気も出るのです。そして、夏と比べれば冬は日照時間が少ないのですから、太陽の光を浴びる機会も減ることになります。これによって、セロトニンの分泌が夏と比べると抑えられてしまう可能性があるため、やる気が出なくなってしまうと感じる人が多いのです(もちろんすべての人がそうだというわけではありません)。

季節的な意欲障害


「冬季うつ」という言葉があります。上記のように冬場は、太陽の光を浴びる量が少なくなるため、セロトニンの分泌が抑えられてやる気が出なくなるのですが、セロトニン不足が行きつく先はうつ病です。

病気としてのうつ病は、季節によって症状の重さが変わることはあっても、基本的に治療しないと治るものではありません(太陽の光を浴びることは回復にとってはもちろんよいことです)。

しかし、病気まで行かなくても、冬場にやる気のなさからさらに進んだ抑うつ症状を示すことがあり、それが冬季うつといわれます。放置すると、本当のうつ病になってしまうため、このような症状が出たら、セロトニンを増やすようにしなければなりません。

冬場にやる気を出すためには


日照が足りないのであれば、夏場以上に意識的に外に出て、太陽の光を浴びるよう心掛けてください。また、太陽の光ではなくても、部屋の明かりでも効果はあるのでは?と思われている方も多いのですが、セロトニンの分泌を促すには2500ルクス以上の明るさが必要になります。

部屋の照明は最大でも500ルクス程度の明るさしかありませんので、セロトニンの分泌を促すには明るさが全然足りません。やはり意識して太陽の光を浴びるしかありません。


スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加